商店街の起源について--【商店街@ナビ】



商店街の起源について●


商店街発達の起源は、古くは楽市・楽座まで遡ることができる。他には江戸時代に街道沿いに発達した宿場町、寺院などが集まる門前町や、現近代以前の港湾施設、現近代の鉄道駅周辺などがある。

共通するのは、商業地として栄えていたところや、人馬の往来が多いところなど集客を期待できる地域に店が集まって、自然に栄えていくことである。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19574644

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。