商店街の衰退について@--【商店街@ナビ】



商店街の衰退について@●

環境変化による衰退

人口増加とともに発展していった商店街は、太平洋戦争によって一度は焼け野原となった地域が多かったものの、戦後の復旧とともに再び発展していった。

しかし、田中角栄が提唱した日本列島改造論以降の高速道路やバイパスなどの交通網の発達、マイカーの普及に伴うモータリゼーションの進行は
  ・旅客運輸の主役が鉄道から自動車へ(駅利用の減少)
  ・貨物運輸の主役が船舶からトラックへ(湾港施設利用の減少)

といった人の流れの変化と、
自動車での来店を前提とし、広大な駐車場を備えたロードサイド型(郊外型)店舗(ショッピングセンター(ショッピングモール)、ホームセンターなど)の発達
  ・駅前の百貨店、ゼネラルマーチャンダイズストア、スーパーマーケットの
  ・自動車来店への対応及び大型化、特化

といった店舗形態の変化をもたらした。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19574940

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。