商店街の衰退についてA--【商店街@ナビ】



商店街の衰退についてA●

商店街の利用客は人の流れの変化によって減少し、商品の品揃えや価格は店舗形態の変化により出現したロードサイド型店舗や大型・特化店舗に劣っていた。

他にもコンビニエンスストアの台頭や後継者問題など、商店街を取り巻く環境は厳しくなっていき、構成する店舗が廃業、撤退していった。

郊外の住宅地や、地方都市など過疎地の商店街の中には、シャッターを下ろした店舗が立ち並びシャッター通りと呼ばれるようなゴーストタウンに近いものもみられるようになった。


商店街の衰退は、小売店舗経営者の失業問題はもちろんだが、商店街周辺の自動車を利用できない者の食料品や日用品の買い物が困難となったり、活気が無くなった結果治安が悪化するといった問題が発生している。

また、地域の顔としての商店街衰退し、「この街には(郊外大型店の)ジャスコしかない」等といった皮肉も聞かれる。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19575129

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。