商店街再生への取り組みについて@--【商店街@ナビ】



商店街再生への取り組みについて@●

商店街の衰退には、商店街を構成する店舗経営者や行政も危機感を抱いており、様々な対策を講じている。

例えば商店経営者の対策としては2000年代に入って戦隊ヒーローをモチーフにした地域独自のマスコットキャラクターを生み出し、子供の人気や地域の注目を集め集客力を高めようとする。

商店街独自のポイントサービスを用意。
商店街で買い物をするとポイントがたまり、一定のポイントがたまると当該商店街で使用できる商品券や、地方通貨等を発行する。

インターネットを利用した商店街の紹介。
例として早稲田商店街がある。

空き店舗の有効活用。
空き店舗が目立つと敬遠され、人通りが少なくなる。

などがあげられる。
また、インターネットについては直接商店街を活性化させるわけではないものの、店舗がインターネット上における商店街を模したショッピングモール(電子商店街、電子モールなどと呼ばれる)に出店し、販売機会を増やし売上げを増やすことによって廃業を避けようとする動きもある。

しかし、後継者の問題や土地の利権の問題もあり、思うように進んでいないところも多い。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/19575526

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。