商店街再生への取り組みについてA--【商店街@ナビ】



商店街再生への取り組みについてA●

行政の対応としては、前述の地域再開発や商店会加入促進を促す条例の制定(例:世田谷区の区産業振興基本条例)、法制面では中心市街地活性化法の制定や、都市計画法見直しによる郊外型店舗の規制(2005年12月時点では国会未提出)などがあげられる(いわゆるまちづくり3法)。

地方自治体の中には独自に郊外への大型店舗の出店を規制する動きもあるが、これらの出店規制に対し、大型店舗からは「大型店舗の出店を規制しても、そもそも商店街の店舗経営者の意識が変わらなければ商店街は活性化しない」と反対を受けている。


一方で、地域再開発により新たな商店街が生まれる場合もある。

例えば東京都渋谷区の公園通りは、以前は渋谷駅から渋谷区役所へ至る坂道でしかなかったが、舗装の改善・道路幅員の拡張など沿道整備と並行して集客率の高いファッションビルのPARCO等を建設したことで、新名所として商店街を形成、活況を呈するようになった。

他にも類似したものとして青山通り沿いのラフォーレ原宿周辺などがある。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。