東向商店街:ギャルみこしが中止--【商店街@ナビ】



日々ほぼ好日 さんからの情報です。

ギャルみこしが中止


近鉄奈良駅前から南に伸びる奈良の顔、東向商店街の「ギャルみこし」が中止になるそうだ(6/24 奈良新聞)。このみこしは、毎年七夕の日(7/7)前後の土日に行われる「ひがしむき弁財天祭り」の一環として行われてきた。

1984(昭和59)年に商店街のアーケードが再建されたのを機に始まったもので、今年で23回目となる予定だった。かつては私の同僚が、妹も誘って参加したことがあった。

写真は昨年のギャルみこし。若い女性が大きなみこしをかついで商店街を練り歩くこのイベントは、本格的な夏の訪れを告げる風物詩になっていたので、とても残念だ。

中止の理由は、スタッフ(同商店街青年部)の人手不足。確かに、これだけのイベントをケガも事故もなくスケジュール通り運営するだけでも、並大抵の努力ではないだろう。

全国の商店街共通の悩みである「商店主の高齢化」という問題が、奈良市中心部のこのメジャーな商店街で浮き彫りになった格好だ。いくら「まちづくり三法」が施行されても担い手がいなければ街は沈滞する、という当たり前のことを再び考えさせられてしまった。

--------------------------------------------------------
【商店街@ナビ:管理人】

とっても残念ですね‐‐!
管理人も一度見たことがあったのですが、また見に行ってみたいなあ〜と思っていたのでホント残念です。

継続することさえ、難しいこの時代ですが皆さん頑張って地域のための商店街を活性化させましょう。

この記事へのコメント
遊びにきました〜 ただいまブログ勉強中で〜す
Posted by mitiko at 2006年07月09日 18:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。