黒壁スクエアから学ぶ@--【商店街@ナビ】



石垣島の潟^ウンマネージメント石垣では、7/7の夜「黒壁スクエア」で有名な滋賀県長浜市の轄封ヌ常務の伊藤光男氏を招き、まちづくり実践講座を開きました。


黒壁スクエアから学ぶ@●

この講義で伊藤氏は、「とにかくまちを元気にしたかった。人が集まれば元気になるだろうと思った。」ことを強調。

1980年代当時、大型スーパーの進出などによりこの商店街も「人っ子一人いない商店街だった」と言う。
商店街の象徴的な存在だった伝統建造物「黒壁」が取り壊されそうになったことをきっかけに、民間有志らで第3セクターの「黒壁」を設立した。

設立の趣旨について、「まちがなくならないように古い建物を保存し、使いながら残そうと思った。」そして、人が集まれば街が元気になるとの信念の元に「なにをやろうか?」と模索の中、長浜市とはまったく関係の無い、ガラス工芸に行き当たったと言う。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。