黒壁スクエアから学ぶA--【商店街@ナビ】



石垣島の潟^ウンマネージメント石垣では、7/7の夜「黒壁スクエア」で有名な滋賀県長浜市の轄封ヌ常務の伊藤光男氏を招き、まちづくり実践講座を開きました。


黒壁スクエアから学ぶA●

伊藤氏は、「ガラスが長浜市にはなく日本ではマイナーな世界だった。ただ、人を集めるには売り場だけではダメだ。ガラスを吹いている姿が客に一番受ける」と語り、工房をセットにした売り場を展開した様子を紹介。

ガラス工芸を売り、製作工程を見学させ、ガラスの器で食事をさせるという「黒壁スクエア」を開業したという。

これが核となりまちづくりの様々な団体ができ、黒壁グループと商業者、行政が一体となってまちづくりに取り組んできた。

現在では「黒壁スクエア」を中心に年間200万人の観光客が訪れるまでになった。


伊藤氏は、「観光地の事業としてやってきたつもりはない。振り返ってみると文化的なことが受けたのではないか?黒壁に人が集まってなければ、こういう動きにはならなかったのではないか」と語った。


--------------------------------------------------------
商店街@ナビ:管理人】
この、「黒壁スクエア」の成功に学ぶべきことはいくつも考えられるだろうが、強い信念の元にはっきりとした目的意識を持って核を作り上げたことが、その後の展開に大きく寄与したと考えられますね。





黒壁スクエアから学ぶ@--【商店街@ナビ】



石垣島の潟^ウンマネージメント石垣では、7/7の夜「黒壁スクエア」で有名な滋賀県長浜市の轄封ヌ常務の伊藤光男氏を招き、まちづくり実践講座を開きました。


黒壁スクエアから学ぶ@●

この講義で伊藤氏は、「とにかくまちを元気にしたかった。人が集まれば元気になるだろうと思った。」ことを強調。

1980年代当時、大型スーパーの進出などによりこの商店街も「人っ子一人いない商店街だった」と言う。
商店街の象徴的な存在だった伝統建造物「黒壁」が取り壊されそうになったことをきっかけに、民間有志らで第3セクターの「黒壁」を設立した。

設立の趣旨について、「まちがなくならないように古い建物を保存し、使いながら残そうと思った。」そして、人が集まれば街が元気になるとの信念の元に「なにをやろうか?」と模索の中、長浜市とはまったく関係の無い、ガラス工芸に行き当たったと言う。

商店街再生への取り組みについてA--【商店街@ナビ】



商店街再生への取り組みについてA●

行政の対応としては、前述の地域再開発や商店会加入促進を促す条例の制定(例:世田谷区の区産業振興基本条例)、法制面では中心市街地活性化法の制定や、都市計画法見直しによる郊外型店舗の規制(2005年12月時点では国会未提出)などがあげられる(いわゆるまちづくり3法)。

地方自治体の中には独自に郊外への大型店舗の出店を規制する動きもあるが、これらの出店規制に対し、大型店舗からは「大型店舗の出店を規制しても、そもそも商店街の店舗経営者の意識が変わらなければ商店街は活性化しない」と反対を受けている。


一方で、地域再開発により新たな商店街が生まれる場合もある。

例えば東京都渋谷区の公園通りは、以前は渋谷駅から渋谷区役所へ至る坂道でしかなかったが、舗装の改善・道路幅員の拡張など沿道整備と並行して集客率の高いファッションビルのPARCO等を建設したことで、新名所として商店街を形成、活況を呈するようになった。

他にも類似したものとして青山通り沿いのラフォーレ原宿周辺などがある。

商店街再生への取り組みについて@--【商店街@ナビ】



商店街再生への取り組みについて@●

商店街の衰退には、商店街を構成する店舗経営者や行政も危機感を抱いており、様々な対策を講じている。

例えば商店経営者の対策としては2000年代に入って戦隊ヒーローをモチーフにした地域独自のマスコットキャラクターを生み出し、子供の人気や地域の注目を集め集客力を高めようとする。

商店街独自のポイントサービスを用意。
商店街で買い物をするとポイントがたまり、一定のポイントがたまると当該商店街で使用できる商品券や、地方通貨等を発行する。

インターネットを利用した商店街の紹介。
例として早稲田商店街がある。

空き店舗の有効活用。
空き店舗が目立つと敬遠され、人通りが少なくなる。

などがあげられる。
また、インターネットについては直接商店街を活性化させるわけではないものの、店舗がインターネット上における商店街を模したショッピングモール(電子商店街、電子モールなどと呼ばれる)に出店し、販売機会を増やし売上げを増やすことによって廃業を避けようとする動きもある。

しかし、後継者の問題や土地の利権の問題もあり、思うように進んでいないところも多い。

商店街の衰退についてA--【商店街@ナビ】



商店街の衰退についてA●

商店街の利用客は人の流れの変化によって減少し、商品の品揃えや価格は店舗形態の変化により出現したロードサイド型店舗や大型・特化店舗に劣っていた。

他にもコンビニエンスストアの台頭や後継者問題など、商店街を取り巻く環境は厳しくなっていき、構成する店舗が廃業、撤退していった。

郊外の住宅地や、地方都市など過疎地の商店街の中には、シャッターを下ろした店舗が立ち並びシャッター通りと呼ばれるようなゴーストタウンに近いものもみられるようになった。


商店街の衰退は、小売店舗経営者の失業問題はもちろんだが、商店街周辺の自動車を利用できない者の食料品や日用品の買い物が困難となったり、活気が無くなった結果治安が悪化するといった問題が発生している。

また、地域の顔としての商店街衰退し、「この街には(郊外大型店の)ジャスコしかない」等といった皮肉も聞かれる。

商店街の衰退について@--【商店街@ナビ】



商店街の衰退について@●

環境変化による衰退

人口増加とともに発展していった商店街は、太平洋戦争によって一度は焼け野原となった地域が多かったものの、戦後の復旧とともに再び発展していった。

しかし、田中角栄が提唱した日本列島改造論以降の高速道路やバイパスなどの交通網の発達、マイカーの普及に伴うモータリゼーションの進行は
  ・旅客運輸の主役が鉄道から自動車へ(駅利用の減少)
  ・貨物運輸の主役が船舶からトラックへ(湾港施設利用の減少)

といった人の流れの変化と、
自動車での来店を前提とし、広大な駐車場を備えたロードサイド型(郊外型)店舗(ショッピングセンター(ショッピングモール)、ホームセンターなど)の発達
  ・駅前の百貨店、ゼネラルマーチャンダイズストア、スーパーマーケットの
  ・自動車来店への対応及び大型化、特化

といった店舗形態の変化をもたらした。

商店街の起源について--【商店街@ナビ】



商店街の起源について●


商店街発達の起源は、古くは楽市・楽座まで遡ることができる。他には江戸時代に街道沿いに発達した宿場町、寺院などが集まる門前町や、現近代以前の港湾施設、現近代の鉄道駅周辺などがある。

共通するのは、商業地として栄えていたところや、人馬の往来が多いところなど集客を期待できる地域に店が集まって、自然に栄えていくことである。

商店街の法人格について--【商店街@ナビ】



商店街の法人格について●

商店街は一般には商店が連なった街区によって成り立ち、商店街の組織はいわゆる町内会と同等の任意団体である。

ただし、地域振興・商店街内の相互扶助を目的とし商店街振興組合法の規定を満たすことにより、商店街振興組合として法人格を得ることができる。

有力な商店街の中には、振興組合として専従職員を雇用し、商店街活動の企画・運営・福利厚生事業などを積極的に行っているものもある。

商店街の名称について--【商店街@ナビ】



商店街の名称について●

商店街の名称は必ずしも一定ではなく、東京の銀座から取った「○○銀座」の名称は都市部に限らず目にすることができる。

戸越銀座商店街が「銀座」レプリカの第一号とされており、正式に銀座から認定を受けている。
類似の呼び名で「名店街」や「すずらん通り」などがあるが、これも商店街の一種である。

近年では「○○モール」と呼んでいるところがある。

これは1970年代にランドスケープ専門家のハルプリンが計画したショッピングモールの成功例が紹介され、英語の散歩道や直線状の商店街またはショッピングセンターを意味する英語の「mall」が定着したからである。

商店街とは--【商店街@ナビ】



●商店街とは●

商店街(しょうてんがい)とは、商店が集まっている地区を言い、また、地域の商店主の集まりを指す場合がある。
商店の種類または商店が扱う品目は日用品や見回り品を中心に食料品・衣料品・雑貨など多岐にわたる場合が多い。

一般には道路状や面状の商店群を指すが、変則的な例としては、東京駅八重洲口地下の名店街、新宿駅地下のサブナード、東京都港区赤坂のアークヒルズ、港区六本木の六本木ヒルズなど、建設技術の発達により重層形式で店舗が連なるものの商店街の一種として位置付けることができる

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。