長崎新地中華街について--【商店街@ナビ】



長崎新地中華街について●

長崎新地中華街(ながさきしんちちゅうかがい)は長崎県長崎市新地町に形成された中華街である。
横浜中華街、神戸南京町とともに日本三大中華街と称される。

南北250メートルの十字路には長崎市の姉妹都市である福建省福州市の協力によって石畳が敷かれ、中華料理店や中国雑貨店など40軒が軒を連ねる。

中華街の四方には中華門が立てられ、町はアーチ型のイルミネーションで飾られる。

毎年春節時には湊公園でランタンフェスティバルが開催される。


長崎新地中華街の歴史●

江戸時代の鎖国下でも長崎は対中貿易港として認められ、最盛時には約1万人の中国人が長崎市中に住居した。
当時の長崎の人口は7万人であったから、いかに華僑が多かったかがわかる。

その後、中国人の住居は唐人屋敷に限定されたが、1698年の大火で五島町や大黒町にあった中国船の荷蔵が焼失したため、唐人屋敷前面の海を埋め立てて倉庫区域を造成した。

この地域が新地と呼ばれる。幕末の鎖国政策の放棄により、1859年長崎港は国際開放され、唐人屋敷は廃墟となり、在住中国人は海岸に近い新地に移り住むようになった。

これが長崎新地中華街の起源である。

天神橋筋商店街について--【商店街@ナビ】



天神橋筋商店街について●

天神橋筋商店街(てんじんばしすじしょうてんがい)は、大阪市北区にあるアーケード商店街
南北2.6キロメートル、600店の日本一長い商店街である。
商店街は、地名にならって「○丁目商店街」のように分類される。

天神1.jpg
天神橋筋商店街入り口の御迎人形のモチーフ

江戸期に日本の物流で主要な役割を果たした「天満青物市場」を中心として発達した。
かつては「十丁目筋商店街」といわれ、現在も地元では十丁目(じっちょめ)と呼ばれている。

ここでいう十丁目は1丁目から10丁目(実際には8丁目までしかない)という意味ではなく、大阪城の南北縦に走る通りを一丁目とし、天神橋筋商店街がそこから10本目であったことから十丁目となったものである。

天神2.jpg
天神橋筋6丁目商店街と大阪市立住まい情報センター

千林商店街についてA--【商店街@ナビ】



千林商店街についてA●

日本で最初のスーパーマーケットと言われるダイエーは、「主婦の店・本店大阪」として1957年に商店街の東端、京阪電車の千林駅の前で開店した。

その後、ダイエー千林店として、移転しトポス千林店となっていたが、2005年10月31日で建物の老朽化と営業不振の為に閉店した。


アーケードのかかる商店街は、隣接する今市商店街を含めて午前10時から午後11時までは歩行者専用道路となるが、自転車に乗って通行する人も多く、自転車を押すように掲示がされている(つまり、かなりの人が自転車に乗っている。)このため千林商店街・今市商店街の周辺部ではこの時間帯以外、ほぼ自動車の通り抜けが不可能となる。

千林商店街について@--【商店街@ナビ】



千林商店街について@●

千林商店街(せんばやししょうてんがい)とは、大阪市旭区にある商店街。天神橋筋商店街と共に大阪を代表する商店街の一つ。

大阪でも1、2を争うほどの活気のある商店街である。かつては隣接していたダイエー、ニチイ、個人商店との価格競争の激しさから「日本一安い商店街」とも称されていた。 野坂昭如氏の「エロ事師たち」の舞台のひとつ。

商店街では全国的に見ても珍しい、商店街オリジナルのテーマソング「千林商店街テーマソング( 唄:デュークエイセス)」や商店街オリジナルのキャラクターなどをつくって他の商店街とは違った独自の手法で知名度アップに努めている。

歌詞の中に「いち・じゅう・ひゃく・せん・せんばやし」とあり、アーケード中に響き渡る音量でテーマソングが流れていることがある。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。